GoogleのSTADIAはサブスクか?

Googleがストリーミングゲームサービス「STADIA」を19日に発表しました!

ゲーム価格などに関しては言及されませんでしたが、時代の流れもありますし、もしかしたらサブスク型の月額定額料金になるかもしれません。

STADIAとは

ゲームコンテンツをデバイスにダウンロードしないでプレイすることができるストリーミングサービスで、動画を再生して視聴するのと同じくらいの手軽さでゲームが楽しめるサービスのようです。

そのため、PC、ノートPC、ゲーム機、スマホ、タブレットなどさまざまなガジェットに対応し、操作方法もマウス・キーボード・コントローラー(USBタイプやWiFi)などから選べる模様。

今でもポケモンGOなどの一部のゲームがスマホのソーシャルゲームとスイッチなどのゲーム機のゲームを紐づけて特別なポケモンがゲットできるようにしていますが、STADIAのようなゲームサービスが広まると、いよいよ場所を問わずゲームが楽しめるようになり、ソーシャルゲームという言葉すらなくなるかもしれませんね。

料金はサブスク!?

物が売れない現在に置いてゲーム市場は元気ですので、わざわざサブスク型の月額課金にする必要はありません。

しかし、新しいゲームに関してはゲームごとの課金、旧ゲームに関してはサブスク型の月額課金という可能性はワンチャンあるのではないでしょうか。

いずれにせよ、STADIAの今後が楽しみですが、残念ながら「米国、カナダ、欧州でサービスを開始する予定」であり、日本は外されています・・・

おすすめの記事