音楽定額サービスのリスク「配信停止」

AppleMusicなどのサブスクサービスで音楽をの楽しんでいる方は多いと思いますが、アーティストが何かやらかして配信停止になるリスクがあることを忘れてはいけません。

最近では電気グルーブのピエール瀧さんが薬物仕様で逮捕され、その影響でAppleMusicでは電気グルーブの曲が配信停止になりました。(2019年3月22日現在)

今回は音楽定額サービスのリスクについて取り上げてみます!

配信停止されたら購入すればいいという問題ではない

「でも、サブスク配信が止まったら、ダウンロードするか、CDを購入すればいいじゃん!」と思う方もいるでしょう。

しかし、最近のミュージシャンなどが事件を起こした際の影響は大きく、サブスク配信が止まるだけでなく、ダウンロードやCDの販売が自粛されることも珍しくありません。

このような影響からか、電気グルーブのCDはメルカリで定価の3倍などで売り出され買い手がついています。

ですから、大好きなアーティストは「ダウンロード購入しておく」「CDを購入しておく」するなどして、サブスク頼りにしない方がいいでしょう。

おすすめの記事