sapporodomu

2019年3月22日のサッカー日本代表vsコロンビア戦は0-1で日本敗戦という残念な結果に終わりました。

怪我でベンチを外れた半端ない大迫選手の代わりに鈴木武蔵選手が招集されたり、最近の日本代表はJリーグからも積極的に選手を起用しますが、代表戦しか観ないような方は、「この選手ってどんな選手なの?」と思ったかもしれません。

選手の特徴やプレースタイルを知ると代表戦が3倍楽しめますので、Jリーグの試合を全試合視聴できるDAZNをご紹介させて頂きます!

Jリーグの日本人選手のプレーを観たいならDAZNはマスト

DAZNはJ、リーグの全試合、しかもJ1だけでなくJ2やJ3の試合まで視聴できるというJリーグファンにはたまらない定額動画サービスです。

また、DAZNでは試合のライブ配信終了後30日間「見逃し配信」できますので、リアルタイムで観れない試合を自分の好きなタイミングで観戦することができるんですよ!

例えば、応援しているチームは川崎フロンターレだけど、鈴木武蔵選手が好きだからコンサドーレ札幌戦も観たいというような方も多いと思いますが、DAZNであれば地上波では放送されない試合や、同日開催で観れない試合を後日見逃し配信で観ることができるわけです。

代表戦で初めて名前を聞いたといい選手のプレーを観るのとJリーグで予習し上で観るのとでは、試合の楽しめ方が大きく違いますよ。

DAZNは代表戦が放送されないのが残念

しかし、DAZNでは現在サッカー日本代表戦は放送されません。

FIFAが絡んでいますから、権利関係とかが大変なのでしょうが、将来的に代表戦の見逃し配信とかが出来るようになったら最高ですよね。

ただ、CL(チャンピオンリーグ)は現在放送されていますので、将来代表戦が放送されるようになる可能性はゼロではないと思います。

ちなみに、世界の一流プレーヤーのほとんどが欧州リーグのチームに所属していますので、対戦相手だったコロンビア代表のハメス・ロドリゲス選手のプレーなどもDAZNでは観れちゃうんです!

JリーグとチャンピオンリーグをDAZNで観戦するだけでも、代表戦に出てくる有力選手の多くを予習できるのでおすすめです。

 

おすすめの記事